​設計のフロー(住宅の場合)

お問い合わせ・ご相談

1. 基本プランのご提案

2. 基本設計

3. 実施設計

4. 施工会社の選定

5. 工事監理

6. 竣工・アフターケア

まずは、お気軽に「電話」か「メール」にてお問い合わせ下さい。

建物の種類・土地の有無、予算、スケジュールなど、ご希望する内容をお申し付け下さい。

具体的なプランや条件のご提案が出来るように、できるだけ直接お会いしてお話を伺えたらと思っております。(面談は無料)

1. 基本プランの提案

ご相談の中でライフスタイル、空間のイメージなどの共有を計りながら、「基本プラン」のご提案を後日いたします。提案の内容は、模型やパースなどを使いながらじっくりとご説明します。(有料)

提案内容に共感していただき、諸条件に納得いただけましたら、「設計・監理の業務委託契約」を結ばせて頂きます。

2. 基本設計(基本デザイン)

基本プランをたたき台にして、ご要望をさらにお聞きしながら、間取りなどを決定していきます。ここでも新たな模型などをお見せしながら、じっくりとご説明いたします。また基本となる仕上材料についての提案もこの時点で行ないます。平行して役所調査・事前協議なども行ないます。

3. 実施設計(詳細デザイン)

 

基本デザインで固めたプランをより細かに設計していく段階です。

造作家具やキッチンの仕様、仕上材料、住宅設備機器の選択など、ご予算に合うようコストコントロールしながら、一緒に決定していきます。

平行して役所などへの必要な法的申請作業を行ないます。

設計図がまとまったら、次は施工業者の選定です。

4. 施工会社の選定

 

複数の施工会社から選定を行ないます。

規模や得意分野を考慮し、見積依頼先をご提案します。

工事費の見積が図面や仕様書の内容どおり行なわれているか、計画している内容に対して施工できる「実績」や「技術力」があるか、万一のための瑕疵「保証能力」があるかなどを確認し、施工業者選定のサポートをいたします。

5. 工事監理

 

施工会社が決定したら、いよいよ工事の開始です。

当事務所では「お施主様の代理人」の立場を徹底し、クラアントの利益保護に努めます。

そのため、定期的に現場に足を運び、「図面通りの工事が行なわれているか、工程が守れているか、工事のミスがないか」など常にチェックし、高い品質の実現を目指します。

また、突然の仕様変更にも迅速に対応します。

6. 竣工・アフターケア

 

全ての工事が完了しましたら、設計検査、施主検査を行ないます。お互いで工事内容を確認する中で万一、不備がある場合は適切に手直しを行ないます。特に問題なければ、取扱い説明などをさせて頂き、お引渡しとなります。

お引渡し後、施工業者の行なう定期検査(6ヶ月、1年)に立合い、一緒に不具合のチェックをいたします。

ご家族の暮らしとともにある家の成長を見守っていきます。

※設計・監理費用について

 

規模と構造形式によって算定しますが、新築の場合は10〜12万円 × 延床面積の坪数  を目安にしてください。

リノベーションの場合も規模に応じて算定しますが、8〜10万円 × 改装床面積の坪数  が目安となります。